スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<はやぶさ>13日地球帰還 カプセル豪州の砂漠へ(毎日新聞)

 【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】人類初の小惑星からの岩石採取に挑み、小惑星との往復飛行を成功させた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ」が、13日深夜に地球へ帰還する。小惑星イトカワの砂などが入っている可能性のあるカプセル探索のため、着地予定地のウーメラを訪れているJAXAの約40人の研究者たちは12日、カプセル回収に向けた最後の確認作業に追われた。

 はやぶさの地球までの距離は、12日午前9時現在、約71万6000キロまで近づいた。13日午後7時50分ごろにインド北部の高度約7万キロでカプセルを切り離し、午後10時50分ごろに大気圏へ突入する。カプセルはウーメラ砂漠へ着地、はやぶさ本体は耐熱構造になっていないため燃え尽きる。

 カプセルは、電波と大気圏突入時の光跡を手がかりに探索する。カプセルは、高度10キロで耐熱素材のカバーが外れてパラシュートが開き、探索用の電波の発信が始まる。JAXAは、着地予想地域を取り囲む形で、電波をとらえるアンテナ、光跡を観測する撮影装置を各4カ所設置、それらの情報からカプセルの着地点を推定する。着地すると、ヘリコプターから赤外線カメラで観測し、大気圏突入に伴う熱を伴った物体を探す。さらに翌朝から、ヘリで本格的な探索を始める。

 JAXAによると、14日中にカプセルが見つかれば、最速で18日に日本へ到着する。電波が出ないなど手掛かりが少ないと、探索まで数日以上かかる可能性があるという。

【関連ニュース】
はやぶさ:カプセル回収は準備万端
小惑星探査機:はやぶさ帰還、見届けよう…JAXA
小惑星探査機:「はやぶさ」最後の軌道修正に成功
小惑星探査機:「はやぶさ」カプセルは工夫満載
はやぶさ君:人気加速 13日に地球帰還

司法書士会、1100万円分証紙紛失=事務局長「シュレッダーに」―宮城(時事通信)
<殺人>焼け跡から女性遺体 首に切られた跡 静岡・三島(毎日新聞)
老齢加算廃止は「違法」=生活保護で原告逆転勝訴―福岡高裁(時事通信)
日テレ社員装い約5万円詐取 容疑の無職男を逮捕(産経新聞)
放火未遂裁判員裁判 国民目線の判決文 評議の経過詳述(産経新聞)
スポンサーサイト

<雑記帳>フットサル大会に大使館員チームら 南アW杯記念(毎日新聞)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開催を記念したフットサル大会「ジャブラニ杯」が5日、東京都の国立代々木競技場脇の特設応援拠点「サムライブルーパーク」で行われた。

 アディダスジャパン主催で8カ国の大使館員チームなどが出場。国内予選を勝ち抜き出場した首都圏の愛好家チーム「HONU」は、W杯でも対戦するデンマークに6-0で快勝し、ブラジルも撃破。

 決勝でスペインに3-4で惜敗したが、岡田ジャパンの低迷とは対照的な快進撃をみせ、代表の永山健一さん(35)は「W杯の代表も、僕らに負けないよう意地を見せてほしい」。【小泉大士】

【関連ニュース】
南アW杯:意外な因縁 スイス合宿地と山形・大蔵
南アW杯:サッカーボール形風鈴を増産中 東京・江戸川区
南アW杯:関連ビジネスへ期待高まるも治安などで振るわず
南アW杯:盛り上がらない商戦 観戦ツアーやグッズなど
南アW杯:日本代表、南アへ 岡田監督、本大会に向け抱負

意外においしい!?昆虫食、ひそかなブーム(読売新聞)
ニキビがかわいいのは何歳くらいまでですか?(Business Media 誠)
「ロバート」山本さん、首都高で追突事故(読売新聞)
鳩山首相辞任 最後まで“宇宙人” 目うるませ「不徳のいたすところ」(産経新聞)
谷亮子、初街頭演説に1800人(スポーツ報知)
プロフィール

おおさかみつお

Author:おおさかみつお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。